補助標識の知識

| 未分類 |

道路上には非常に数多くの標識というものが設置されている状況にあり、自動車を運転される方の場合では、自動車教習所などでj事前に知識を学ぶことも行われています。一般的に広く認識されている標識の中には、制限速度に関するものであったり、駐車禁止や一時停止などどのような地域でも存在しているタイプのものから、案内標識に分類されているタイプなども多く目にすることができます。


本標識の中には補助標識が同時に備え付けられているものも多く、ドライバーはその両方を見極めて運転を正常に行うことが基本とされています。具体的には最大積載量に関連する内容を持っている標識も存在しており、例えば決められた道路上では、大型トラックなどの走行を限定しているものがあり、補助として時間指定を行っているものや、距離や区域を指定しているものなどが見受けられます。最大積載量に関しても複数のタイプのものが存在しており、具体的には2トンや3トンなどといった積載量を下限として設定されているものがあります。その理由の中には道路の周辺環境に起因していることもあり、例えば通学路など一定の時間帯に安全性を確保することが必要とされている道路上などで活用されていることがあります。