規制標識の知識

| 未分類 |

道路の路肩や中央分離帯などに設置されていることが多い道路標識にはさまざまな種類があり、ドライバーに伝えているメッセージもそれぞれ異なっています。
そのなかでも、規制標識とよばれている種類のものは、主に特定の交通方法が禁止されている場所であることを示したりする目的で設置されているもので、その多くは丸型であり、外側の赤色の枠線のなかに、禁止されていることがらをあらわす絵や数字などが青色で描き込まれ、これを打ち消すような赤色の斜線があるといったデザインとなっていますが、その例外もあります。


例えば、車両進入禁止の標識は、丸い赤色の標識で、その中心に白抜きのバーが描かれているものです。この標識がある場所からは、車両は先に進入してはないないということを示しており、一方通行路の出口、複数の車線がある道路の反対車線の入口、行き止まりの入口などに設置されています。
車両横断禁止の標識は、丸い赤枠をもつ標識で、右向きの矢をもったT字型のような青色の矢印が中央に描かれ、これが赤色の斜線で打ち消されているデザインです。この標識がある区間では、道路の右側の店舗などへの入場のため、車両が道路を横断することが禁止されているということを示しています。
右折禁止の標識は、丸い青色の標識で、中央に右方向以外の白抜きの矢印が描かれているもので、デザインとしては他のものとはかなり異なっています。この標識は交差点に設置され、矢印の方向以外に曲がることが禁止されているという趣旨を示したものですので、結果的に右折ができないという意味になります。