規制標示の知識

| 未分類 |

自動車で道路を走行させていると、非常に数多くの標識を目にすることになります。一般的には立て看板のように道路脇に見やすく設置されているものがメインとされており、中には案内用の標識なども多数用意されており、走行をスムーズにさせるための効果を持っているものも存在しています。そんな中、数々の標識類の他には規制標示と呼ばれているものがあります。このタイプの場合では、路面に直接にペイントされているタイプが多い傾向にあり、例えば駐車禁止区間や駐停車禁止区間、Uターンを禁止する表示などもメインとして利用されています。


追い越し禁止や進路変更禁止などの表示も非常に大切なものとして知られており、ドライバーは常に表示を見ながら運転することが必要とされています。その他には立入禁止部分を表示しているものも存在しています。このタイプの場合では、黄色の線で囲まれている部分になり、線の中には白線が斜線状に塗られていることも特徴になります。多くのケースで黄色い線に関しては、自動車が入ることを防ぐことを目的にしていることが殆どになるために、道路の構造上安全対策として必要な場所に設けられていることになり、常に遵守した上で自動車を走行させることが何よりです。