道路を走行していると、突然目の前に普段、目にする事の無い表示板が表れた経験が無いと言う人はいないでしょう。
自動車免許を取得する際、自動車学校で教わる標識とは明らかに意図の違うその表示は、禁止事項などを通達するものとは違い走行するための注意を促す為に表示されているものなのです。


この表示板の意味するものは、走行する道路の先で、何かしらの規制が行われている場合、また、何かの理由で道路に問題が生じ、走行に支障が有る場合など、主に走行を制限する意図で使用されることが殆どです。
もし、この表示が無ければ、行われている規制を知る事も無くその地点に進入する事となり、強引な合流を強いる結果になってしまうことも発生してしまいます。
これは、渋滞発生の原因と成るばかりか、事故の要因となってしまう場合も多く、行われている規制を事前に運転者に知らせる事で、規制が行われているために円滑に走行することが困難になってしまった地点においても、少しでも円滑に走行できるように、そして、事故や渋滞の危険を少しでも軽減させる事を目的としているのです。
自動車を運転していた時、このような表示板を目にしたのであれば、どの地点で、どのような規制が行われているのかを把握し、早めの対策をとることは、事故や渋滞のリスクを低減させることに繋がるのです。