指示標識の知識

| 未分類 |

道路上のある場所に指示標識が設置される目的は、特定の通行方法をとるのを禁止したり、逆に特定の通行方法をとるよう促すためと、道路上に設置されている施設がある場合はその内容について示すためです。この種類の標識のほとんどは、青地に白い模様が描かれています。


この種類の標識の設置を判断して実施するのは、各都道府県の公安委員会です。国土交通省や地方自治体などの道路管理者は設置に関する権限は持っていません。
この種類の標識がどのような場所に設置されるのかというと、例えば軌道敷内は右左折や横断、転回のために横切る場合や、やむを得ない場合を除いては原則として通行は禁止となっていますが、軌道敷内通行可の標識が立てられている場所であれば入って通行することができます。ただし、通行する際は路面電車の通行を妨げないようにする必要があります。
また、信号機などによる交通整理が行われていない交差点では、交差点に進入する車は徐行をし、運転席から見て左側からやってくる車の通行を妨げないようにして通行することが原則ですが、自分が進入する方向の道路に優先道路の標識が立っている場合は、その交差点に進入する際に徐行をする必要はありません。ただし、通行する際は少しスピードを落とし、交差する道路の左右の確認は忘れずに実施しなければなりません。