指示標示の知識

| 未分類 |

道路上に用意されている標識の中には、直接的に路面に敷かれている指示標示というものも存在しています。一般的な道路上でも数多く見掛けることのできるものとしては、横断歩道または自転車横断帯ありの表示になります。このタイプではひし形の白線が縦に敷かれているものになり、前方に横断歩道などが用意されている場所には殆どの道路で用意されているものになります。


運転者はこの表示を見た場合では、前方に配慮することが必要とされていて、周囲の環境によっては減速することが良い方法になるケースも見られ、必然的に注意を喚起しているものになります。他には安全地帯と呼ばれているものも用意されています。このタイプは大きな市街地などに用意されていることが多い傾向にあるものですが、その中でも例えば路面電車などが走行をしているような道路では、降車した方が安全に道路を横断することができるように配慮されているものも数多く見ることができます。安全地帯の場合では、白線と黄色い線で構成されていることが多く、自動車は絶対に枠内に入ることができないものとされています。他の場面でも活用されているものになりますが、運転者は常に指示通りに運転することが求められています。